News & Topics

住まいを守る軒の役割 |株式会社ツカサ

2021/06/11 ブログ

梅雨入りは平年より19日早くかったそうです。

今年の梅雨明けは7月下旬のようですよ。

 

今回は軒(のき)についてのお話しします。

軒とは住宅の屋根のうち、外壁や窓よりも外側に突き出ている部分のことを言います。
建物よりも突き出ている為、この部分が雨や雪、日差しを遮り、建物を守ってくれるんですね。

それでは、そもそも軒はどの部分の事なのでしょうか。

軒先とは、雨樋が設置されている軒の先端部分
軒下とは、軒の下、雨が当たらない部分・空間部分
軒天とは、突出している部分の下面部分

皆さんはご存知でしたか?

軒先や軒下は耳にした事はあるかも知れませんが、実際にどこの部分か説明してと言われたら難しいですね。

 

軒の役割と働きとは

外壁を雨や雪から守ってくれる

夏の強い日差しの調整をしてくれる

窓やベランダなどの雨除け

換気口などからの雨の侵入を防ぐ

 

 軒には重要な役割りをお分かりいただけましたでしょうか?

 

屋根瓦の吹き替えのご相談など、お気軽にお問い合わせください!

 

宮崎で屋根リフォームや雨漏り修理、太陽光発電のことなら、宮崎県宮崎市の株式会社ツカサに
おまかせください!

 

スーパーセラブライトグリーン施工例

 


このページのトップへ